公認会計士通信講座比較ランキング

公認会計士の通信講座比較

公認会計士は会計、税務のプロフェッショナルとして、生涯活躍できる素晴らしい資格です。

 

「監査証明業務」と「税務業務」の2つの独占業務を有するところが魅力で、士業は独占業務の範囲がどの程度かにより価値が変わりますが、特に公認会計士はその独占業務の範囲が広い資格としては最高ランクと言っても過言ではないと評価されています。

 

尚、「監査証明業務」は公認会計士と、その公認会計士が所属する監査法人しかできない業務です。

 

他にも独占業務を持つ資格はありますが、ほぼ毎年同じクライアント様から仕事をいただけるのが公認会計士の「監査証明業務」であり、このような安定した収入を期待できることが高い報酬につながっているのが実態です。

 

また、多くの業務に携われることころも公認会計士の魅力で、「監査証明業務」と「税務業務」以外にも、その知識を活かした「コンサルティング業務」や「講師業(大学教授も含む)」で生計をたてている公認会計士も多数います。

 

最近では好景気による人手不足の影響から、報酬にも非常に期待ができます。

 

年度によって多少異なるものの、おおよそ4年から5年でほとんどの公認会計士が年収1,000万円の大台を超えており、バブル期でもないこの時代に、他にない厚遇の職業と言えます。

 

業務自体も社会貢献が高く、やりがいのある仕事ばかりです。

 

将来性にも期待でき、上場企業が強制的に移行させられると言われているIFRS(国際財務報告基準。現在はこのIFRSを含めて、日本基準、米国基準、日本版IFRSの4つの基準から任意で選択できるようになっています。)導入のコンサルティング業務バブルが目の前では期待でき、その他にも公的機関等の「監査証明業務」自体が義務化されてきており、業務が増え続ける一方です。

 

そして、グローバル業務も多く、この先も日本企業の海外進出が更に増えることを考えると、明るい話題ばかりです。

 

その一方で、AI(人工知能)のひろがりから業務が少なくなるとも言われていますが、正しい見方としては、AIが最終的な意思決定ができるわけではないことを考えると、得意な分野(定型業務)をAIに頼りながら将来は業務を進めていけるということになるでしょう。

 

また、少子高齢化も無関係で、学歴、男女差に関係なく働け、且つ安定した仕事なのに高い報酬と魅力だらけなのが「公認会計士」です。

当サイトオススメのスクール

今回は「働きながら」や「学生生活と両立をして」等の忙しい方向けの公認会計士通信講座編です。
オススメの通信講座は、学習をスタートされる方の学習環境や、どのように合格をしたいかで異なっています。
合格者が出ている通信講座であれば、その通信講座は合格できる通信講座です。
通信講座側では、どのような方をターゲットにしているかで、教材量や、講義回数、フォロー体制等を検討したうえで必要なコンテンツを提供します。
今回は働きながら、もしくは学生生活と両立をして、または効率よく合格を目指したい方に最適な通信講座のご案内となります。

公認会計士おすすめ通信講座

ここからは実際の公認会計士通信講座をおすすめ形式でご紹介いたします。

 

どの通信講座も、それぞれ特徴があるので、しっかり比較し、自分に合った通信講座を見つけて下さい。

 

クレアール
通信講座オススメ度:公認会計士の通信講座比較|公認会計士の通信講座ランキング

 

 

効率よく学習できると評判ので、忙しい社会人の方や、学生生活と両立をして合格を目指す方には最適のスクールで、48年の指導実績で積み上げたノウハウで短期合格者を多数輩出しています。

 

スクールの大きな特徴である学習法「非常識合格法」は、そのノウハウが書籍化されているほど革新的なもので、累計で6万部以上も発刊されているベストセラー書籍となっています。

 

このスクールの合格体験記を見ると、高学歴ではなくても、また、年齢にも関係なく、どのような方でも合格されており、この点も評価が高いです。

 

また通信講座中心に展開されていることから、合格者数ではなく、高い合格率を目指しているようで、CM等宣伝広告費を最小に抑えているため、お得な受講料で学習スタートできるのも特徴です。

 

講義もカリスマ講師や元試験委員(本試験問題の作成、及び答案の採点をする人)が担当されるところも凄く、大学予備校の東進ハイスクールのようです。

 

講義時間も約60分の単元別になっており、スキマ時間も有効活用ができるようで、忙しい方にはピッタリです。

 

質問もほぼ毎日電話で受けてくれる為、安心して学習を進められます。

 

その他として、薄いテキストも大きな特徴で、本試験分析の精度の高さから、学習範囲が絞り込まれており、使用するテキスト数も非常に少なく、社会人の方でも難なく消化できます。

 

勿論スマホ、タブレットでも学習できるマルチディバイス対応。

 

音声データなども標準スペックで、音声データはダウンロードでき、ブラウザに幅広く対応している為、移動中でも学習ができ、時間の有効活用ができます。

 

何回転も復習できるから実力がつき、まさにお忙しい方に最適です。

 

私の知り合いの社会人の方もクレアールで合格しました。

 

 

公認会計士の通信講座比較|公認会計士の通信講座ランキング

TAC
通信講座オススメ度:公認会計士の通信講座比較|公認会計士の通信講座ランキング

 

 

TACは通信講座よりも学校の方が有名ではないでしょうか?

 

都心や地方都市などで、校舎を見たことがある方も多いはずです。

 

TACは通学だけではなく通信講座も行っています。

 

合格実績はもちろん、会計士試験に精通した講師や長年蓄積してきた合格するためのノウハウを蓄積しています。

 

また、全国展開している最大規模の受験指導校であるため、公認会計士試験の合格を左右するスケールメリットを得られます。

 

合格実績・スクール規模ともにTACなら安心で、就職までを充実したサポート体制です。

 

WEB講座、DVD講座、資料講座と別れており、また質問も回数、時期に制限がり、フォローなどは別途有料ではありますが、一人で黙々とやれる方には向いています。

 

ただし通学校舎が多いため、通学しやすい場所に校舎がある方は、通学した方がよさそうです。

 

ただし、通学に関しても、若手講師の起用が多く、講義に当たり外れが大きいと言われています。

 

 

公認会計士の通信講座比較|公認会計士の通信講座ランキング

大原
通信講座オススメ度:公認会計士の通信講座比較|公認会計士の通信講座ランキング

 

 

「本気になったら大原」のCMでお馴染みの大原。校舎も主要都市にあり、ご覧になったことがある方も多いと思います。

 

以外に知られていないですが、実は通信講座も行っております。

 

「一発合格」+「内定」を実現させる3つのポイントとして、・大原の常勤講師体制・大原の最新新作教材・大原のカリキュラム、が上げられます。

 

「合格へ導く」ことに特化した受験指導のプロである常勤講師陣が講義を行い、実際に教壇に立つ講師が、毎年の試験出題傾向を考慮したテキストをすべて新作の“オリジナル教材”として作成、また大原の本コースなら、合格と就職に必要な講義・答練・模試など全てが含まれています。

 

ただし、ライブ講座の進捗によってお届け時期が左右されることから、時間のある方が前に前にと学習を進められないところはやや難。

 

講師は公認会計士の方ばかりではありません。

 

また通学をして合格を目指す方には最適で、大学生中心のクラス構成となり、専門学校が母体であることから、じっくり、しっかりと学びたい方にどちらかと言えばオススメです。

 

 

公認会計士の通信講座比較|公認会計士の通信講座ランキング

LEC
通信講座オススメ度:公認会計士の通信講座比較|公認会計士の通信講座ランキング

 

 

LECは通信講座よりも学校の方が有名ではないでしょうか?

 

日本全国の主要都市に校舎がある為、実際に校舎を見たことがある方も多いと思います。

 

公認会計士試験において、LECの答練、模試は数多くの論点を的中させ手ており、本試験での論点的中の多さに受講生からも驚きの声が上がっています。

 

学習スタイルは、通学講座、Web講座、DVD講座など様々なスタイルが用意されていますが、それぞれがオプション設定となっており、教材費(過去問題集は(別売)まで含めて考えると、費用は他の通信講座と比べて高めとなっています。

 

 

普段聞けない資格の基本的な疑問から効率的な学習法まで、公認会計士の最新情報をガイダンスしてくれる資格説明会など、講師・専門スタッフが直接要望聞き、最適な受講プランを提案してくれるなど、実際に会って説明してくれるのはとてもあり難い事。

 

ただし、やはり校舎があるからこそできる事。

 

実力のある有名講師が多数在籍していますが、通学講座、通信講座、さらには受講コースごとに様々な講師が在籍していますので、講師との相性も大切になります。

 

有名講師の講義を通学スタイルで聞けて、かつお金にも余裕がある場合はおすすめの1社となります。

 

 

公認会計士の通信講座比較|公認会計士の通信講座ランキング